プラハの巨塔~チェコ代表を応援するブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

監督やるなら真面目にやれ

デンマーク 0-0 チェコ
よく見慣れた光景。「ひっでえ試合やわー」と思いつつ、慣れてるから何とか観れるという悲しさ・・・。

カギというか、聞きたい(ビー監督、それから観戦者の皆さんともども)のはスタメン(前のほう)を間違えたことに何分で気づいたか、ということだと思うのだけど。守備陣はあれだけボコボコに打たれても耐え切ったのだからまあ上等だったのでしょうが。

自分はPCの不調で最初の10分見損なったので、何とも言えないのですが、20分くらいの段階で「こりゃあイカン」とハッキリわかった、というところかなあ。そこでビーレクは何も手を打たない、ということはよーく知ってるので、あとはだいたい期待通りというか、決めきれなかったデンマークにただただ感謝。

ヴィドラ起用は思いっきり外れだったわけですが、レゼクもダメダメだったので、とにかく両翼を何とかしなさい、というところなのですけどね。ブリュックネルなら45分で少なくとも1枚替えただろうし、割と固執してろくなことのなかった「プラシルの左サイド」もこの場合ならアリかも。

ま、結局このチーム、精神力と個人技(中堅国レベルであれば結構あるほうだと思う)で何とかするしか手がないわけで、こりゃ先が思いやられそうですわ。

<追記>
iDnesには「守備よし、攻撃なし」みたいなことが書かれてました。全くその通り・・・かな。

一応イラーチェクだけが圧倒的な技量とスピリットで攻撃してたんですけど。ネドヴェド感がしまくる。たまらんね、彼は。

petr jiracek

あとはこの日は当たっていた守護神PC1さまに全てを託すという切ない展開。しかし守護神さま、手を怪我してしまったようで心配です。

さて、おさらい。

チェコの布陣は真正の4-2-3-1。というのも4-1-4-1ぽい形になったりとか、偽4-4-2に近い形になったりしない4-2-3-1。ということでEURO本大会とはちょっと違う。

最終ラインはゲブレセラ神(今回は神だった!)、シヴォク、スヒー、元祖カドレツ。カドレツはロンメダールにぶつけようとしたらしく、攻撃参加はなし。純粋にDFとして左に配置されたのだろう。カドレツは苦戦してたけど、やっぱり相手が凄かった、と思う。何歳になってもロンメダールは凄いわあ。

中盤はヒュプシュマンとプラシル(相変わらずの不調)が横並び、イラーチェクがトップ下。ここまでは間違ってない、と思うけど。

ペクハルトは予想通り。ま、ここは誰がやってもしょぼいとわかっているので何も言うまい、て感じです。ただ、どーしてもレゼクを使いたいのならば、サイドに流れても仕事のできるバロシュのほうが良かったね、というのはある。

で、最大の問題は左のレゼクと右のヴィドラ。要するに両翼がまるで役に立っていないこと!

一体ヴィドラは何を指示されてたんでしょう?と思うのだけど、たぶん「何も指示されていない」が正解だろう。

完全にスタメン誤った、ということなのだけど(レゼクのサイドアタックのダメっぷりは相変わらずだが・・・)、守備陣の編成は上手くやったからカントクの仕事が全てダメとは言えない・・・

だけどさあ、やられる前に修正を試みようよ。観りゃわかるだろ!!

なんかEURO後に交代したアシスタントコーチが無能化したような気がするのが気になる・・・。
  1. 2012/09/09(日) 06:00:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

カワウソ君、先発!!

驚きだぜ・・・。

matej vydra

すみません、最近の画像持ってなくて。ちょっと成長してるかも(現在20歳)。

ちなみに本物のカワウソ(チェコ語:Vydra)ってこんな顔してるらしい。ヴィドラがガンブリヌス・リーガで台頭してきた時に、実際ちょっと人気になってたので笑いました。パウル君ほどじゃないにせよ。

vydra

私は動物園でもたぶん会ったことないですが。

・・・て何どーでもいいこと書いてんだ?以下、スタメン。

Čech
Gebre Selassie
Sivok
Suchý
Kadlec
Vydra
Plašil
Jiráček
Hübschman
Rezek
Pekhart


並びはわかりません。

レゼクのサイド起用(というより先発)は好きじゃないけどなぁ。確かスコット戦で当たったように、前がかって攻める時に投入してナンボと思うので。
  1. 2012/09/09(日) 02:55:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張れDoves!

http://www.sportlemon.tv/wv-4/4/62/v-446228.html

<追記>
モンテネグロ 0-0 チェコ
画像ひどすぎてとても観戦になりませんでした。5番のDF(カラス)がかつてのコヴァーチみたいな雰囲気でなんか美しかった、くらいしか感想なし。

いずれにせよ、最終節1試合残してグループ1位通過確定、といういかにもドヴァリルな結果は見事としか言いようがないですわ。ホント、あのカントクはしっかりしてるよなあ。ビーレクもビーレクなりに良くやってるのでしょうが、モノが違う・・・。

選手は主力をビー代表に供出したのもあって結構しょぼいような気もするのですけど、ていうかどっちにしろFWがいないのか。

ていうか最終節って相手(ウェールズ)も敗退確定してるので、両者にとって消化試合以外の何者でもなし、ということでめぼしい選手をビー代表に派遣、てのはやっちゃいかんのですかなあ?ていうかカラスとレツヤクスをフル代表で見たいのですけど。

で、ビー代表は絶賛崩壊中。

普通にレギュラーのリンベルスキーが発熱だかなんか、体調不良で欠場だそうで。DFラインどーすんの?と議論されてるようですが。

一応センターの予定だった本家カドレツを左に回して、真ん中にスヒーを持ってくる?ライトラルを急遽レフトバックにする?どれが良いんだかわからない。

けどカドレツをクラブでやってないCBに固定して大丈夫なんかどうなのか、それもわからんのでなあ。個人的にはW杯本大会でのウイファルシのトラウマがあるんで、あんまりやってほしくない手ではある・・・けどろくなCBがいないので仕方ない、か。

いずれにせよ、ブリュックネル時代だったらこういう時の左サイドはグリゲラで文句なし、だったのにビーレクはそういう選手・・・ていうか何でチェルーストカを一度も呼ばないんでしょう?DFラインはどこでもできて高さもあり、両足とも正確にクロスが蹴れて攻撃センスは全般的に極めてよろしい、便利な選手だと思うんだけどなあ。まず大舞台に強いし。

FWは期待禁物のペクハルトなのかなあと思うのですが、前回EURO予選初戦のバロシュの壊滅的な出来を考えれば、あれより酷いこともあるまい、てところでしょうか。
  1. 2012/09/07(金) 23:00:00|
  2. チェコ・ユース代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼門・W杯予選の前に

お久しぶりです。ていうか観戦意欲が沸かなくて申し訳ございません。

えーと、負ける気満々な感じのビー代表デンマーク戦の前に、今夜ドヴァリル・ユースのモンテネグロ戦ガチンコ勝負があります。日本時間23時とかいう優しい設定なので、放送があれば観たいなあというところです。ドヴァリルの配置って実に良く選手の適正を見抜いていて面白いんでね。

白いカラスはこっちに出るのでしょう。実際、跳躍力抜群だし、足も速いし。フィテッセはかなり金満なのでそこそこ高いレンタル料でも払って借りてるのか何なのか知りませんが、本社チェルシーとはかなり長期の契約に延長したとか聞いているんで、評価は高いのでしょう。

で、ビー代表には大方のファンの期待通り、絶好調のカワウソ君(ヴィドラ)と実力ホンモノの偽カドレツが招集ですと。

ただ、コメントに頂いたように、新しいポボルスキーか?シュミツルか?と期待されたピラシュ様が十字靭帯をやっちまって(マガトの呪いに違いない!)、ビーレクの中ではなぜかレギュラークラスらしい超お気に入りのコラーシュの負傷での繰り上がり的な扱いっぽいので、
どうせ敗戦後のヤケクソ親善試合フィンランド戦に向けての招集だろ!?
なーんて気がしますが。



  1. 2012/09/07(金) 12:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

EURO反省会①

えー、UEFAさんの1.99$動画がなぜか見られないのでチェコの試合の復習にも、他試合観戦にも支障をきたしておるのですが、復活してくれないから仕方ない。

いずれにせよ、とにかくバリバリの結果論をもって(笑)、チェコ代表について思ったこと(というといつも不満に感じたことが多くなるのですが)を書いていこうと。

①4-4-2の流行とダリダ
今大会の流行。とまで言うと他チームをちゃんと見ないといけないので自信がないのですが、まずは4-2-3-1のような布陣図(あくまで図である)が増えた、ということでしょうか。確かに以前のような4-4-2、ある意味どこから見ても4-4-2なことが特徴のような4-4-2のところがほとんどなかったようで。

でも、待てよと。4-4-2で前線から突撃プレスを行うことを前提とした4-2-3-1、つまり偽4-4-2は大流行システムなのではないだろうか?

チェコもそう。とはいえラダのような頑迷な、いやはっきり言ってアホな「攻撃的に行きたいから2トップ」みたいな低レベル頭脳ではさすがになかったようで、前線から2枚で突撃プレスをかける時だけ4-4-2。まあ守備戦術の一つのオプションとしての位置づけというか。

その4-4-2の2に組み込まれる選手には、基本的に突撃プレスかける時以外、一目瞭然にFWっぽい仕事というものはバロシュの相棒としてキックオフを行うこと、くらいしかないってところで。

ポルトガル戦は開始早々から積極果敢に前線から守備をした。それが良い判断だったかどうかは別として、前半20分くらいまでは前からの守備、よく回るパス、とか見るとどっちが格上かわからないような戦いをしていた、のではないだろうか?

ただ、バロシュの相棒のダリダ。これはどうだったのかなあ?て感じ。

あの22人(ロシツキーは数に入れられなかったので)の中からの11人チョイスは完全な希望通り。自分もそうだし、大方のチェコ人もそうだったはず(アンケート見る限り間違いない)。それは結構だったのも以前書いたように、自分はプラシルのトップ下を望んでいた、のです。

この違いは小さな違いではない。かなり大きな違いだったでしょう。もっともそっちだったら勝てた、とか、だからポルトガル戦は監督のせいで負けた、ビーレクじゃなければ勝っていたはずだ、とか言うつもりは全くないのですけど、半分は後出しの結果論、ということで、ね。

・・・疲れてきたので続きは後で。
  1. 2012/07/11(水) 02:30:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ご贔屓の皆様へ

ええ・・・しばし放置して申し訳ありませんでした。

チェコにとって大いに有意義であったEUROも終了しまして、噴き上がっていた当ブログへのアクセス数が激減してまいりました。これはちょっと狙っていたことでして。

常々ご贔屓の方々以外を排斥しようという意図は全くないのですが、ちょっとでも刺激的なことでも書こうものなら容赦ないバッシングを受けそうなものですから、そうした鬼プレスを回避したかったわけです(笑)。

で、これからまったりとEURO反省会的なことでも書こうかなと思いますが、当方のまったりペースに関係なく、EUROチェコ代表に関して吐き出したいことがある方は遠慮なく書き殴ってくださりませ。大いに参考に致します。

そして。そういう不満ごとは溜めないに限るものですが、チェコサッカーに詳しいファンなどそうは身近にいるもんじゃないという厳しい現実は私も熟知しておりますんでね(苦笑)。2004年時は一般的(中立的?)ファンの心も掴めたわけですが、今はそうでもないこともよーく知っておりますし。

ついでに私、夏季五輪に関しては「ほとんど観ない」で一貫しておりまして(冬季は「かなり観る」ほうです)。見ていて暑苦しいこと、自分が泳げないこと(スキーはまぁ得意ですが)・・・などというろくでもない事情に加え、EURO観戦疲れの問題、そして何よりもチェコクラブにとって最も重要なCL・EL予選が7月から8月いっぱい行われるから、ということはご存知のことと思います。

・・・ということでプルゼニュ中心にスパルタ・リベレツの予選のほうも何とか全試合チェックを目標に頑張りたいなと思っているので、今後とも宜しくお願いします。

それからプルゼニュのペトルジェラのアウクスブルク完全移籍が決まりました。無償譲渡のような悲しい値段ですが、モラーヴェクともども、細貝のチームということで日本での放送機会も得られるかもしれませんね。

  1. 2012/07/06(金) 07:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゲブレセラシエ、ブレーメン確定

移籍金180万ユーロですと。うわ、安っ!!

ちなみにマズフのウクライナ移籍が300万ユーロとか。マズフ>>セラ神てなんじゃそりゃ?意味不明です。(あ、例に出してごめんよマズフ。)

リベレツは商売下手過ぎでしょ。これじゃあ補強もできんじゃないか!

最後にロナウドのマークを外しちゃった以外、ディフェンスはパーフェクト。ギリシャ戦でのアシスト含め、攻撃力極めて秀逸。体格はそこまででもないですが、跳躍力は十分、身体能力極めて高いので経験さえ積めばCBでも十分守れると思ってます。

モテモテのセラ神(デレデレしすぎ)。

theodor gebre selassie

それからシヴォクのセビージャ移籍の話が進行中とか。これは良い話。期待しております。
  1. 2012/06/25(月) 08:00:00|
  2. 移籍情報など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お疲れビーレク!

さて、敗戦の落胆はありますが、ベスト8止まりは妥当な結果なので、まぁ十分でしょうと思っております。

低レベルなグループを突破したのには違いないですが、一応2勝しているわけで、仮にロシアの代わりがドイツorスペインだったとしても、2勝1敗の2位通過でベスト8、文句ないだろ?と思います(笑)。開催国ポーランド、ドイツorスペイン、ギリシャ、チェコの組だったら違和感ないでしょう?

ビー大将は結果を出したので、監督として認めます!ただしロシツキー慰留、絶対ですよ!

ビー大将には「このラダ2世がぁぁ!」と何度も思わされましたが、ラダと違って学習能力はあることに加えて、何かすごい運を持ってらっしゃるようなので、これからに期待します。

交代策は超ダメダメでしたけど、運の力は光ってましたね!ピカっと。

michal bilek

で、これからはまったりと敗因というか足りなかったところというか、感じたところをボチボチ書きながら、リベレツ・プルゼニュ・スパルタのEL本大会行きを応援しますんで。ボレスラフには期待してないですが。
  1. 2012/06/23(土) 12:00:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビーレク、大英断!

希望スタメンきた!DARIDAきた!

うっわー、どうしよう!彼の健闘を祈る。ひたすら祈る。・・・といって何をしようか(笑)。

<結果>
チェコ 0-1 ポルトガル
まあ妥当な結果ですわな。特に誰の出来が悪かったというわけでもなく、今回に限ってはビーレクにはさほど不満もなく。

唯一ビーレクらしかったのは、交代カードを切った途端に完全に攻撃がストップしたこと。まあ笑うしかないか。

それからバロシュさんが代表引退するらしいです。まだ30歳、若いよなあ、とは思うのですが、潮時といえばそうでしょうね。W杯予選に向けて良い感じにはなってきただけに、他の人たちに辞められると困りますが、大丈夫かなあ?
  1. 2012/06/22(金) 03:30:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

ビー監督よ、決断を

さあて、今夜ポルトガル戦。主将はベンチスタート、らしい。たぶん無理させないでしょう。

もちろん勝てなくていい。このラウンドで終わりでも誉められて良い。だから結果に文句はいいません。しかしなあ、「勝っているチームは変えない」式でポーランド戦そのままのメンバーは困るっていうか、嫌だ。

ビー大将の4-2-3-1はロシアのおかげもあってだいぶ修正されてきたので、なんだかんだで適材適所になっていて面白い。予選での迷将っぷりからすると信じられないほどに。

ただ一つ、やっぱりトップ下だけが残念でならない・・・。

この大会の大いなる残念はとにもかくにもヴァーツラフ・カドレツの不在につきる。

彼がベストの状態ならばビーレクの言うところの“ロシツキーの代役”、実に面白いと思う。そう、彼なら務まる期待はできる。ポゼッションにしろカウンターにしろ、戦術的な幅の広さはコラーシュの比ではないでしょう。守備はそんなに期待できないとしても。

現実的には、こうするのがベストだと思うんだけどなあ。



???のところにまともなセントラルMFを置いてプラシルを前へ。プラシルは守備で微妙にボロが出やすいし、逆にむしろカウンター巧者で強豪相手に相性よく、代表だと決定力あるので(カシージャスをKOしているだけのことはある)。

当然ですが、イラーチェクは移動したくないです。

???にはダリダでも良いし、お気に入りと言われればそれまでとはいえ、ヴァツェクで良い。調子次第ではリベレツのヴァーハでも(たぶん)良い、と思う。だけどダリダしか選ばれていない・・・。

こういう場合、FWはバロシュが良い。裏取るの上手いし、DFだって「バロシュだから絶対外すでしょ」と決めてかかるわけにもいかない、という究極の事情があるので・・・(笑)。

“前の4人”て考え方は妙にオランダ的かもですが、カイト以外のオランダの攻撃的MFと比べるとみんなハードワーキング出来るという点では(それだけは)大いに勝っているではないか!

今後しばらく、ロシツキー抜きでも強い相手と渡り合うにはどうするか?結構あと一歩のところまで来ている、とは思うのだけど。最後あと一歩が足りないままで終わってしまうのか。
  1. 2012/06/21(木) 21:00:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

期待しないでほしい話

ロシツキー主将、トレーニング復帰。使えるかどうかは今夜、ビー大将によるお話があるとか。

まぁ彼のことなので・・・無理だと思うんですが、iDnesによる先発メンバー投票に復帰したのは良い話だ!

私は当然の希望として、ロシツキーには出場可能な状態でいて欲しいですが、アンチフットボール&カウンターがもっとも賢明な策、さらに勝つことよりも負けないで相手のミスを待とうぜみたいなスタンスで持久戦もやむなし、なので、ロシツキーはベンチスタートで切り札的に使えたらそれが最高と思っています。

カウンターの武器としてはピラシュ、イラーチェク、プラシル、さらに前線に大エース(もちろん嫌味です)のバロシュ、と多少は期待できる選手が4人はいるので、もしも当たっちゃったら面白いなと思っています。

で、ここだけじゃなく大人気のダリダと、大不人気のコラーシュですが、なんか不必要に煽ってしまったら申し訳ないので、プルゼニュについて補足説明を。

基本システムは4-2-3-1よりも4-4-1-1に近い。DFラインには右ライトラルに左リンベルスキー、MFは右ペトルジェラに左ピラシュ、センターにダリダと脂が乗りすぎてしまっている大ベテランのホルヴァート(元Jリーガー)と有名チェコ人がズラリと。

で、肝心のコラーシュはトップ下というよりもセカンドトップに近いという印象。そんなに何試合も見ているわけではないので違ってたらごめんなさいですが、基本的に守備はしない。激しいプレスも、ここ一番でのボール奪取も監督には(たぶん)期待されてない。決して走れる選手ではない。後方からのビルドアップにも参加することは稀だし、効いていない印象。

それじゃあダメダメなのかというとそうではなく。国内リーグ上位チームのアタッカーとしてはまずまず上等で、当然求められる得点、アシスト数はかなり多いことと、CFのバコシュ(スロヴァキア人)との息が合っていることで、十分に活躍している。もちろん、あくまで国内レベルで、相手が強くないのが前提。

ちなみにビルドアップに困ると、基本的にホルヴィかそれに代わる選手が最終ラインに入って両サイドバックを高い位置に上げる3バックのオプションを発動することでそう簡単には捕まらず、代表選手たちの個人技が通用するので、攻撃はいつも機能している、らしい。

その反面、守備は大変で、ドーピング疑惑のビストロニュ、優秀だがポカをやらかす典型的なタイプのチショフスキーらのCB陣とチェコ代表の両SBの耐久力に頼っていて、常にキーパーにはプルゼニュなりにお金をかけている。とはいえ、後ろだけで何とかなるものでもないので常に失点は多い。単純に得点のほうが上回ればいいという算段のようで。

で、ダリダ君。

vladimir darida

まあ印象としては悪戦苦闘という感じ。楽しい反面、いつでも分裂しかねない大味なヴルバ・サッカーの心臓に抜擢された後、めっちゃ献身的に走って守って支えている上に驚異的なシュートスキルも発揮したけど、無謀に高い期待値には答えられたのか疑問。結論、リーグ優勝を逃してしまった。

そんな彼がロシツキーの代役候補?て私的にも半信半疑だったものの、親善試合で一蹴してくれたから凄い。

コラーシュがそういうタイプでもそういう大器でもないことは結構確信あり、さらにバロシュ(バコシュではない)とイマイチ合ってないのでやめてほしいのですけど、ビーレクはこだわりにこだわっている。

結論、ロシツキーの代わり云々よりもプラシル級セントラルMFがもう一枚欲しかった!ダリダで良いんですが、別にダリダじゃなくても良いと思います。けど、メンバーの中にヴァツェクもポラークもいないから困る。

・・・とまあ書きたかったのはそんなとこです。
  1. 2012/06/20(水) 23:30:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ロシツキー、一時帰国

プラハに戻ったそうです。治療してポルトガル戦を目指すと。

これが準ホームアドバンテージってやつですか。近いですもんねえ。

痛みは徐々に引いてきているそうですが・・・期待できんですなあ。

バロシュ先発はまあ良いとして、コラーシュはさすがにもう勘弁なんですが。でもビーレク、こうなったら意地でもダリダは使わないんだろうなあ(あるいは最後にちょっと出して「使ったよ」のアリバイ采配か)。勝つよりもコラーシュ使うことにこだわってるもんなあ。フル出場はアリエンよ・・・。
  1. 2012/06/19(火) 04:45:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

相手はポルトガル

いざ、リベンジ。ま、無理っぽいけど。

milan baros

あの頃のバロシュは結構良かったよなぁ。シュートは壊滅的、でも純粋な意味での面白さは今の比じゃなかった。

Cロナウドはゲブレセラ神が完封しますよ。このマッチアップは普通に楽しみ。

さーて、誰かループシュート決めてくれ。累積欠場者ゼロというのは良い。本当に良いことです。

あ、ロシツキー主将はどうやら準決勝に備えて温存のようです。間違って突破したら、たぶん決勝に備えて(略)

  1. 2012/06/18(月) 06:00:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

イラーチェクに金球を!

petr jiracek

チェコ 1-0 ポーランド
あり得ねぇえええ!

まぁ試合が終わった時は嬉しかったのですが、こんな超塩味サッカーが永続するのかと思うと、複雑です・・・。戦力的にも落ちると言われていましたが、迷将グループだったのではないでしょうか?

1位ビーレクとか、ないですわぁ。

イラーチェク様様にはチェコ版の金の球zlaty micをあげましょう。
  1. 2012/06/17(日) 05:45:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

チェコの余命、3時間

迷将ビーレク、あくまでコラーシュとバロシュにこだわる。

以下、チェコのスタメン。

Čech - Gebre Selassie, Sivok, Kadlec, Limberský - Jiráček, Hübschman, Kolář, Plašil, Pilař - Baroš

これは死んだと思う・・・。酒でも飲もう。

<追記>
ビーレク的“アンタッチャブル・タイム”(最初の45分は何があっても交代しない)は何とかかんとか0-0で終了。

内容はいつもの壊滅的パターンに近い・・・。何とかしよう!カントクなんだろ?
  1. 2012/06/17(日) 02:45:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
前のページ 次のページ

ユース祭り~チェコ最強監督の挑戦~

CZECH REP. U-21 メンバーリスト 監督 Jakub Dovalil ヤクプ・ドヴァリル GK 1:Tomáš Vaclík トマーシュ・ヴァツリーク 16:Marek Štěch マレク・シュテフ 23:Jan Hanuš ヤン・ハヌシュ DF 2:Jan Lecjaks ヤン・レツヤクス 3:Radim Řezník ラディム・ジェズニーク 4:Ondřej Mazuch オンドジェイ・マズフ 5:Ondřej Čelůstka オンドジェイ・チェルーストカ 17:Marek Suchý マレク・スヒー 21:Jan Hošek ヤン・ホシェク MF 6:Lukáš Vácha ルカーシュ・ヴァーハ 7:Tomáš Hořava トマーシュ・ホジャヴァ 8:Bořek Dočkal ボジェク・ドチカル 10:Jan Morávek ヤン・モラーヴェク 12:Jan Kovařík ヤン・コヴァジーク 13:Marcel Gecov マルツェル・ゲツォフ 15:Milan Černý ミラン・チェルニー 18:Lukáš Mareček ルカーシュ・マレチェク FW 9:Libor Kozák リボル・コザーク 11:Tomáš Pekhart トマーシュ・ペクハルト 14:Václav Kadlec ヴァーツラフ・カドレツ 19:Jan Chramosta ヤン・フラモスタ 20:Michael Rabušic ミハル・ラブシッツ 22:Adam Hloušek アダム・フロウシェク

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

czechfan

Author:czechfan
元ポボルスキーファンの学生です。チェコ代表とチェコの選手、チェコのクラブを応援するブログです。

ブリュックネル政権初期~中期のチェコ代表をまた見られることを信じて待ちますわ。ブラジェク、マレシュ、ボルフ、イラーネク、ロゼフナル、ガラーセク、ヴァホウシェク、ティーツェ、プラシル、ロクヴェンツ、ハインツ。このスタメンでドイツに勝てるんだからさ、やればできるんよと。

しかし迷将王国の成績はどこも厳しいですなあ。戦力はあるのにいつも予選終盤までも持たないベルギーのような方向を危惧しています。ランキング、やばいなあ。

まあ、十分すぎるほど負け慣れてもきたことですので、落ち込まず凹まず、気楽に応援しましょう!

コメント大歓迎ですが(長文、連投など気兼ねなくどうぞ)、著しく礼儀を欠くようなものは削除させていただきますので、よろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。