プラハの巨塔~チェコ代表を応援するブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

季節外れのクリスマス(ツリー)

ぐちゃぐちゃですが前の試合の観戦メモ。

アルメニア 0-3 チェコ
チェコ 0-0 イタリア

結論、2戦ともヒュプシュマンはやっぱり(良い意味で)ガラーセクでしたという感想です。

うーん、でもデンマーク戦での“玉砕”の後、またもシステムをいじってきていて、アルメニア戦は「4-3-1-2」、イタリア戦は「4-3-2-1」(4-4-1-1風だけどそれは違う)でした。

こんな感じのアルメニア戦。

vs_Armenie.png

ただ、定石通り、全然プレスがかからないので、3ラインの4-3-3のような形でFWが死ぬほど走らされたアルメニア戦。ロシツキーは怪我明けのため、全然走れてなかったようです。

vs_Italie_Letna.png

イタリア戦。

こっちは良かったです。「(被弾した)枠内シュート0」というのが素晴らしいんですが、右から「プラシル、ヒュプシュマン、ダリダ」で構成された中盤の「3」の部分が2戦ともほとんど隙なく、完璧に守っていたのが素晴らしい!

まあ、4-2-2-2は大失敗だったし、ウィングを置いた正統派の4-5-1系統はさっぱり勝てないし、ということでの思い切ったテコ入れなんでしょうが、うーん・・・原理的に敵ポゼッション率が上がっちゃうんですよね。

なんかチェコ的にはすごい意外というか、「これ、(CL優勝した時期の)ミラン的なやつじゃねえか!」と。チェコのチームがやってるのは見たことがないんで、いきなり上手くやるのは難しかっただろうなあと。

つまりはサイドアタッカー、純粋なサイドハーフを置くのをやめて、1トップでも2トップでもロシツキーは自由人かつ守備軽減、ということなんでしょうが、絶頂期のカカのようなスーパーマンがいないときつい・・・。

でも、あれ、今度はダリダとヒュプシュマンが出れないとか?ダリダの位置はイラーチェクでも可能として、ヒュプシュマンの代わりはどうするんだろう?
スポンサーサイト
  1. 2013/09/06(金) 05:30:00|
  2. チェコ代表
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恥は大きいほうがいい | ホーム | なぜかチェコは生きていた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://czechfan.blog21.fc2.com/tb.php/651-03c5bfc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユース祭り~チェコ最強監督の挑戦~

CZECH REP. U-21 メンバーリスト 監督 Jakub Dovalil ヤクプ・ドヴァリル GK 1:Tomáš Vaclík トマーシュ・ヴァツリーク 16:Marek Štěch マレク・シュテフ 23:Jan Hanuš ヤン・ハヌシュ DF 2:Jan Lecjaks ヤン・レツヤクス 3:Radim Řezník ラディム・ジェズニーク 4:Ondřej Mazuch オンドジェイ・マズフ 5:Ondřej Čelůstka オンドジェイ・チェルーストカ 17:Marek Suchý マレク・スヒー 21:Jan Hošek ヤン・ホシェク MF 6:Lukáš Vácha ルカーシュ・ヴァーハ 7:Tomáš Hořava トマーシュ・ホジャヴァ 8:Bořek Dočkal ボジェク・ドチカル 10:Jan Morávek ヤン・モラーヴェク 12:Jan Kovařík ヤン・コヴァジーク 13:Marcel Gecov マルツェル・ゲツォフ 15:Milan Černý ミラン・チェルニー 18:Lukáš Mareček ルカーシュ・マレチェク FW 9:Libor Kozák リボル・コザーク 11:Tomáš Pekhart トマーシュ・ペクハルト 14:Václav Kadlec ヴァーツラフ・カドレツ 19:Jan Chramosta ヤン・フラモスタ 20:Michael Rabušic ミハル・ラブシッツ 22:Adam Hloušek アダム・フロウシェク

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

Author:czechfan
元ポボルスキーファンの学生です。チェコ代表とチェコの選手、チェコのクラブを応援するブログです。

ブリュックネル政権初期~中期のチェコ代表をまた見られることを信じて待ちますわ。ブラジェク、マレシュ、ボルフ、イラーネク、ロゼフナル、ガラーセク、ヴァホウシェク、ティーツェ、プラシル、ロクヴェンツ、ハインツ。このスタメンでドイツに勝てるんだからさ、やればできるんよと。

しかし迷将王国の成績はどこも厳しいですなあ。戦力はあるのにいつも予選終盤までも持たないベルギーのような方向を危惧しています。ランキング、やばいなあ。

まあ、十分すぎるほど負け慣れてもきたことですので、落ち込まず凹まず、気楽に応援しましょう!

コメント大歓迎ですが(長文、連投など気兼ねなくどうぞ)、著しく礼儀を欠くようなものは削除させていただきますので、よろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。