FC2ブログ

プラハの巨塔~チェコ代表を応援するブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビーレク祭りの前に。

さて。祭りの前に、私的な前回大会の復習でも。(他グループはあまり見ていないのでかなり推測です)

まずB組(ドイツ、クロアチア、ポーランド、オーストリア)。ここは「楽なグループ」と言われてたものの、意外とそんなこともなかったかもなぁ、と思います。

オーストリアは本当に開催国だから参加できたチームなのかもしれない、けど戦力はまあまああったはず。直後、ブリュックネルが監督就任したらドメネクのフランスに大勝してたりするわけで、まぁあの爺さん、「当たり」の時の采配は本当に凄いのもあるとしても、タレントなしにそれは無理でしょう、と。

ベーンハッカー率いるポーランド。普通に良いチーム、じゃない?直前直後にチェコ(ただしラダだけど)が二度もコテンパンにされました。たぶん本大会で爆発できなかっただけ、かと。

元祖レヴァンドフスキってめっちゃ良い選手だったはずなんですが、その後の黄金期シャフタールではなぜか活躍できず。どうしたんだろう?

mariusz lewandowski

東のシャビアロンソ、との絶賛評価もあったし、実際チェコ戦でとんでもないミドルを突き刺してみせたりとかしたし、凄い選手だったんだろうなと。このアンパンマンとベーンハッカーの後継者がきちんとしているなら、たぶんポーランドは強いでしょうし、そうでなければ評判倒れかも。そういうところがわからない。

ドルトムント>>シャフタール(実際のところ、甲乙つけ難しだと思う)というバイアス付きの戦力評価ばっかなので、「今回は強い」みたいなのはどうなんだか。いずれにしろ、自分的には「レヴァンドフスキ」というとマリウシュなんですが、今回は選ばれていないようで。

でもブラシュチコフスキとかいう舌が曲がりそうな名前の人、顔も見たくない・・・。あいつはたぶん凄いヤツです。

そうB組。監督的にはベーンハッカー、ドイツのレーフ、クロアチアのビリッチ。こりゃある意味死の組だぜ、てか名将が一人は死ぬグループでした、と。

C組。超きつい組といわれつつ、ドナトーニ、ドメネク、のイタリア、フランスが予選一緒で、ファンバステンのオランダと誰だっけ?のルーマニアも予選同組。

その前のW杯の優勝と優勝タイ(PK戦なのだから2位以上の2位ってことで)の2チームがいたことで「すげー組だ」と思わせつつも、実は低レベルで予選で傷の舐めあいしてても目立たない。両国ともオランダにボコボコにされちゃったし。

ファンバステンも大した監督ではないので、ここは監督的に低レベルグループだったような。結果的にもベスト8で両方負けたわけで、相手がスペインじゃなかったら勝ち上がれていたかというと、それも微妙かも。

今回のB組は彼らよりもよっぽどやばいような気が・・・。レーフ(ドイツ)、ファンマルバイク(オランダ)、オルセン(デンマーク)、パウロ何とか(ポルトガル)・・・て。ポルトガルの人だけわからないんですが、なんか、メンバーさえ揃えばガツガツ勝ち上がるような雰囲気だなあ、と。

D組。ヒディンク・ロシアのカウンターの上手さが素晴らしかった。それ以外は感想なしなので省略。

A組。振り返りたくない(悲痛)。ただ、その前のギリシャにやられたよりもトルコにやられたほうがまだ良いとは思った。でもチェフが・・・という結末は残酷すぎ。あああ・・・。

で、上でも触れたようにチェコの爺さんはその後何度か蘇ったりもしているのですが、全盛期の采配から“欧州屈指の名将ブリュックネル”を期待していた我々から見たら衰えというか、何というか采配力(?)の低下が際立ちすぎでした。

そしてトルコ。弱いと言われていたので信じてしまったのがいけなかったというか、ショック倍増でしたわ。

トルコリーグはなぜかサッカー雑誌に相手にされないものの、現役バリバリの実力者から、ピークを過ぎたビッグネームから、色々と揃った素晴らしい二流リーグなんで・・・。そうしたトルコリーグ過小評価と、監督の過小評価に予選での成績不振(ギリギリ滑り込み)が重なったんでしょうな・・・。

テリム監督。流石でしたわ。不振とはいえ突破したのに予選メンバーをごっそり外して入れ替えてきたとか、流石。そうだよね、予選もイマイチ通用してないメンバーを本大会に出してもしょうがないよね、という当然の論理ながら、実際にはなかなか出来ないことで、テリム流石。

あー、ビーレク。予選出てた人をそのまま出してきただけだもんなあ。

だらだらと長くなりましたが、思ったのはこんなところで、要するに、前回大会は強いチームがばらけてバランス取れた、良い組み合わせだったんじゃないかな、ということです。

そして結論、「チェコはトルコにはなれないだろう」ということと、「今回のB組(=準々決勝で当たる)はやばそう」てとこです。まあ、チェコには準々決勝はないと思いますけど。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/07(木) 23:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<言い訳無用!いざ初戦(更新) | ホーム | さすがビー代表>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://czechfan.blog21.fc2.com/tb.php/612-02ea2010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユース祭り~チェコ最強監督の挑戦~

CZECH REP. U-21 メンバーリスト 監督 Jakub Dovalil ヤクプ・ドヴァリル GK 1:Tomáš Vaclík トマーシュ・ヴァツリーク 16:Marek Štěch マレク・シュテフ 23:Jan Hanuš ヤン・ハヌシュ DF 2:Jan Lecjaks ヤン・レツヤクス 3:Radim Řezník ラディム・ジェズニーク 4:Ondřej Mazuch オンドジェイ・マズフ 5:Ondřej Čelůstka オンドジェイ・チェルーストカ 17:Marek Suchý マレク・スヒー 21:Jan Hošek ヤン・ホシェク MF 6:Lukáš Vácha ルカーシュ・ヴァーハ 7:Tomáš Hořava トマーシュ・ホジャヴァ 8:Bořek Dočkal ボジェク・ドチカル 10:Jan Morávek ヤン・モラーヴェク 12:Jan Kovařík ヤン・コヴァジーク 13:Marcel Gecov マルツェル・ゲツォフ 15:Milan Černý ミラン・チェルニー 18:Lukáš Mareček ルカーシュ・マレチェク FW 9:Libor Kozák リボル・コザーク 11:Tomáš Pekhart トマーシュ・ペクハルト 14:Václav Kadlec ヴァーツラフ・カドレツ 19:Jan Chramosta ヤン・フラモスタ 20:Michael Rabušic ミハル・ラブシッツ 22:Adam Hloušek アダム・フロウシェク

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

czechfan

Author:czechfan
元ポボルスキーファンの学生です。チェコ代表とチェコの選手、チェコのクラブを応援するブログです。

ブリュックネル政権初期~中期のチェコ代表をまた見られることを信じて待ちますわ。ブラジェク、マレシュ、ボルフ、イラーネク、ロゼフナル、ガラーセク、ヴァホウシェク、ティーツェ、プラシル、ロクヴェンツ、ハインツ。このスタメンでドイツに勝てるんだからさ、やればできるんよと。

しかし迷将王国の成績はどこも厳しいですなあ。戦力はあるのにいつも予選終盤までも持たないベルギーのような方向を危惧しています。ランキング、やばいなあ。

まあ、十分すぎるほど負け慣れてもきたことですので、落ち込まず凹まず、気楽に応援しましょう!

コメント大歓迎ですが(長文、連投など気兼ねなくどうぞ)、著しく礼儀を欠くようなものは削除させていただきますので、よろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。