プラハの巨塔~チェコ代表を応援するブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春ラウンド1回戦の壁

どうやら、今夜プルゼニュが破ってくれそうであります。ていうかこの点差で抜けられなかったらリベレツだぜ・・・。

CLはともかく、ELも春ラウンドで一つでも勝ち抜けるっていつ以来だ?というくらい勝ててませんからな。まあ、その前にみんな死滅、という時代が長かったわけで、クラブチーム的には復活してきてるんですよね。

で、オストラヴァにこの人が復帰という話です。

milan baros

ヒゲバロシュ(笑)。背番号は27みたいですが、ひょっとして270km/hの記録から?

ていうか気持ち悪い感じで後輩と親しくなってるのが気になる。「お友達にエンジンの音を聞かせてあげたかったんだよ!」なーんてことのくれぐれもなきように祈ります。ていうか事故ったら死ぬぞ。ドロブニーさんの事件があるから笑えませんよ。


スポンサーサイト
  1. 2013/02/22(金) 01:30:00|
  2. 欧州カップ戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

そうだ、ELの日だった!(更新)

今さらですが、リヨン対スパルタ(前半0-0)観戦中。プルゼニュが素晴らしい結果を持ち帰ってくれた後に続けるか?

http://www.atdhe24.net/watch2/4/114/451405/watch-olympique-lyon-vs-sparta-prague.html

<結果>
リヨン 1-2 スパルタ
印象はなし。寝てたからです。

スパルタをちゃんと観たのは代表ウィーク明けのプルゼニュ戦だけですが、いろいろと残念な試合だったのはともかくとして、何となく気になっていたスパルタの弱さが露骨に出てたと思います。ていうかスパルタの中盤(カドレツ含む)ってチェコ人の現役ユース世代で固められているわけで、あのメンバー構成で強かったら代表的には大喜びです。

そうは問屋が卸すまい・・・。

ユース代表は来夏の祭りに向けて予選プレイオフ。1位通過なのに、例外なくH&Aの最終ラウンドを通過しなければならないという試練。どんなに強かろうが、リーグ戦の予選で出場権をもらえない上、準備期間ほとんどなしの短期決戦というのは危ういものです。

かつてのオージー代表なんかA代表がW杯予選でそれをやらされていたとか。そりゃあアジアに移籍したくもなるわけですね。日本(韓国もか?知りません)を「強くない」と見ていたのは間違いだった、としても、移籍自体は正解でしょう。

てか、欧州選手権はフル代表の参加国増やすよりもこっちを増やすべきだと思うのですが。

まあ、それは置いといて、相手はロシア。どれほどのものか、管理人はもちろん知りません。

で、ここでチェコ的にはA代表選手との振り分けをどうしようかといつも問題になるパターンなのですが、ヴィドラの失敗もあるので、いっそのこと全部ドヴァリルに預けちゃったら?て気がしないでもないというか。

・正しいポジション、起用法を考える上で参考になる
・強いユースチーム相手でどれだけ通用するのか試す

の2点で、メリットがないとは言えない。

要するにビーレクがしょうもないから、なんだけど。ビー代表のグダグダ親善試合なんか全然力試しにもならんので。クレイチーはスタメン任すつもりだったらビー代表でもいいかという気はするものの、後の選手はビーレクが使いこなせそうにない・・・。

  1. 2012/09/21(金) 05:00:00|
  2. 欧州カップ戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

祝・チェフ完全復調!

チェフ決勝進出おめ!!

個人的には前回よりもはるかにしびれ、祈った対バルサ戦2試合でした(最近ろくにフットボールの試合見てなかったのですが・・・)。

ま、それにしてもチェフのパフォーマンスが世界No.1キーパーと呼ばれるにふさわしいものに戻ってきた。・・・違いますかい?

07年頃までは確かに凄かったというか、あの頃が真の絶頂期という論調には賛同しますし、確かにちょっと落ちてしまったのは否めなかったわけで。低迷しだしたターニングポイントは大怪我とも微妙に違う気がするのですが、EURO前には散々でしたからね、はっきり言って。

特筆してくれよなと思うのは、最後のメッシの鬼ミドルへの超反応。あれ、ポストに当たったのは指先で触ってコース変わってるからですよ?繰り返し見ると、とんでもないファインセーブだったことがわかるのですが、気がついてもらえずに気の毒。

それにしても、バルサのシュートが枠に当たり続けたのはラッキーみたいに書かれてますが、GKが枠内シュートをことごとく止め続けたらああなるのは半ば必然でしょう。彼の場合は特に、枠に弾かれることの多さが調子のバロメーターなんじゃないかと思っています。

しかし集中していたよなー。たぶん普段はそうでもないんだろうなあ・・・とは思っちゃいますが(苦笑)。

まあそれはチェルシーの選手もそうでしょうかね。あんな集中力みなぎる守備を見せてくれるとは。

よくわからないですが、ディ・マッテオは結構、ちゃんとした将なんじゃないかと感じました。ろくでもない「暫定の」監督の下でやっている(という意識の)選手たちがあれをできるとは思えませんわ。

ハーフタイムの修正はお見事かも。

後半の「6-3ザレズリー(チェコ語:ドン引き)」は確か「インテルモウリーニョ戦法」のコピーなんじゃないかと思うのですが・・・どうでしたっけ?いずれにせよ、あそこまで開き直れて、しかも勝ちを手繰り寄せたのはすごいことで。

それにしても前半、バカ主将が退場してからハーフタイムまでの「空白の時間」はわからないぞ。4-4-0-1とも4-3-1-1とも取れるような・・・ていうかカオス状態、ですかな?いずれにせよ、あれじゃあ追加点取られるのも当然、というくらい穴だらけで中途半端なことをしていたように見えたのですが。イニエスタのゴールシーンなんか守備網が完全に無秩序でしょうが。

ていうかスカパーはお金取っているんだから10人のフォメ図くらい表示しなさいよ!もう。その瞬間ごとに、誰がどこにいるのか、地味なヴィジュアルの選手はぱっと見ではまるで把握できませんでした(チェコ代表の選手なら背格好やら持ち方走り方でぱっと見で掴めますが)。そのための実況解説なんじゃないですか?
  1. 2012/04/25(水) 23:30:00|
  2. 欧州カップ戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

見たか、ヴェンゲル!!

ロシツキー、華麗すぎるミラン戦。

私たちは知ってますよ、彼が衰えちゃいないってことを、ね。代表では大いに魅せてくれましたから。

tomas rosicky

彼のポジションがウィングでもセカンドトップでもないということも代表戦で重々承知、のはずなのですが、ヴェンゲルって頑固ですからなあ。まぁ今回でさすがに思い知ったでしょうけどね。

それにしてもなあ、ファンには申し訳ないですが・・・

セスク、ナスリ、アルテタもウィルシャーもいないロシツキー主演のアーセナル。何て素晴らしいのでしょう!

結果も文句なし・・・といったらごめんなさい、これ以上疲れることしてほしくなかったので、ホームでミランを叩いておいて、延長戦せずに負けてくれて、まあ良かったんじゃないかと(正直すぎますかね?)。

ロシツキーのゴールはどうでもいい、おまけです。再放送見られる皆さんは、ミラン戦のあの天才っぷりに魅了されましょう。

これなら次のW杯もあるかもしれないし、監督が凡レクとも限らないし。EUROではペルシー様のオランダと戦ってもらいたい。ボコボコに・・・されましょうね(苦笑)。
  1. 2012/03/07(水) 23:30:00|
  2. 欧州カップ戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

とにかく寝ましょう!(更新)

更新停滞すみませんでした!・・・が一応27時に起きたいと思うので、すみません。

今夜深夜にシャルケ対プルゼニュ。

今夜のプルゼニュは骨抜き、じゃないかなーと思うので(ビストロニュは出場停止、一応残留のピラシュも移籍決定した今、頑張る理由があるかというと微妙)、ダメそうなら途中で寝ることをお勧めするゲームですが・・・。

<追記>
プルゼニュ 1-1 シャルケ
ということで、結果はまずまず。このラウンドでチェコのランキングポイントを加算できたのですからよしとしましょう。ホームで失点してしまいましたが、取ったら取り返されるのは前提のプルゼニュなんで、1失点は御の字です。

もう有名になった元大黒柱イラーチェクを抜かれて倒壊予定(?)のプルゼニュでしたが、エンジンかけている時間はそれなりに主導権を握って(握らされて?)、堂々たる試合をできたと思います。

システムはコラーシュをトップ下、というよりほとんどFWに置いたおなじみの4-4-1-1のような格好の予想通り。ただ、ホルヴィ(最近目に見えて太った気がする)と組んでいたイラーチェク抜きでどうすんねん?というところで起用されたのが90年生まれの新世代チェコ人ヴラディミール・ダリダ。

誰だそりゃ?て思いましたがガンブリヌスでもホントに試合出てなかったので、そんなに私のチェック不足とも思いません!

先制ゴールもダリダの一撃。彼、なんか持ってないですか?という期待はさせてくれました。

まあとにかくイラーチェクに代わったこいつがコントロールする攻撃的ポゼッションサッカーの出来は予想に反して出来がよく、左はピラシュ、右はキレキレのライトラル(代表呼ばれました)がそこそこ躍動するという展開に。

とはいえ信用ならんCBコンビだけにヴルバ流の高いDFラインは冷や汗モンです。「敵陣でサッカーしたるで!」という意気込みはよしとして・・・。全員が走れた間はまあいいわけですが、問題はその後。

足が止まった後はみんなが受け持ちのゾーンに立っているだけのような試合っぷりで・・・それじゃあ守れんわな。

総括すれば、かつて代表で大問題であったような、いかにも燃料不足のウルチカ(正確にいうとuličkaウリチカの訛りか?)って感じになってしまって、良いサッカーを90分続けられず、最後は自滅手前の良いところで90分終わってくれたかというのが正直なところです。

さて、今夜というか早朝5:00からセカンドレグ。

UEFAの録画を誰でも200円そこそこで見られるのでここは寝ても良いところ。

プルゼニュはキャプテンのホルヴィが肉の食いすぎで神罰の出場停止。代わりに誰を使うのか、色々予想されてますが、たぶんヴルバなんで守備的な試合はしないんだろうなと思います。

彼我の戦力差というと大きくはないだろうと思うのですが、長い試合になると走れそうにないので、2点取って決着付けにいくより他ありますまい。とにかく負けてもいいから面白い試合になったらいいなと思います。

あと親善のB代表がえらい保守的な面子で発表されてますが、一応メンバーに残っているコラーシュとペトルジェラはこっちを頑張っておくことがすごーく肝心なんだろうなと。
  1. 2012/02/24(金) 00:00:00|
  2. 欧州カップ戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
次のページ

ユース祭り~チェコ最強監督の挑戦~

CZECH REP. U-21 メンバーリスト 監督 Jakub Dovalil ヤクプ・ドヴァリル GK 1:Tomáš Vaclík トマーシュ・ヴァツリーク 16:Marek Štěch マレク・シュテフ 23:Jan Hanuš ヤン・ハヌシュ DF 2:Jan Lecjaks ヤン・レツヤクス 3:Radim Řezník ラディム・ジェズニーク 4:Ondřej Mazuch オンドジェイ・マズフ 5:Ondřej Čelůstka オンドジェイ・チェルーストカ 17:Marek Suchý マレク・スヒー 21:Jan Hošek ヤン・ホシェク MF 6:Lukáš Vácha ルカーシュ・ヴァーハ 7:Tomáš Hořava トマーシュ・ホジャヴァ 8:Bořek Dočkal ボジェク・ドチカル 10:Jan Morávek ヤン・モラーヴェク 12:Jan Kovařík ヤン・コヴァジーク 13:Marcel Gecov マルツェル・ゲツォフ 15:Milan Černý ミラン・チェルニー 18:Lukáš Mareček ルカーシュ・マレチェク FW 9:Libor Kozák リボル・コザーク 11:Tomáš Pekhart トマーシュ・ペクハルト 14:Václav Kadlec ヴァーツラフ・カドレツ 19:Jan Chramosta ヤン・フラモスタ 20:Michael Rabušic ミハル・ラブシッツ 22:Adam Hloušek アダム・フロウシェク

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

Author:czechfan
元ポボルスキーファンの学生です。チェコ代表とチェコの選手、チェコのクラブを応援するブログです。

ブリュックネル政権初期~中期のチェコ代表をまた見られることを信じて待ちますわ。ブラジェク、マレシュ、ボルフ、イラーネク、ロゼフナル、ガラーセク、ヴァホウシェク、ティーツェ、プラシル、ロクヴェンツ、ハインツ。このスタメンでドイツに勝てるんだからさ、やればできるんよと。

しかし迷将王国の成績はどこも厳しいですなあ。戦力はあるのにいつも予選終盤までも持たないベルギーのような方向を危惧しています。ランキング、やばいなあ。

まあ、十分すぎるほど負け慣れてもきたことですので、落ち込まず凹まず、気楽に応援しましょう!

コメント大歓迎ですが(長文、連投など気兼ねなくどうぞ)、著しく礼儀を欠くようなものは削除させていただきますので、よろしくお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。